クローラーを呼び込むSEOの内部対策

ホームページを立ち上げて間もない頃というのは、ぜひ早くクローラーを呼び込みたいですね。そのためのSEOの内部対策も必要になってくるかと思われます。

例えば、SEOの内部対策にもいろいろありますが、更新頻度を高めるというのも効果が期待できるのではないでしょうか。またサイトマップを作成して、サイトの構造を分かりやすく明確にしておくというのもSEOの内部対策として行っている人もいるみたいです。

逆にページ数が多い場合などにはややこしいページ構成になってしまっていないか、よく考える様にしたいですね。ページ構成を後で変更するとなると、作業量がかなり増えてしまうという事が予想されます。